梅雨の快眠術。その1

 

ようやく梅雨らしい天気になってきました。

和歌山の一部地域では水不足も心配されてましたが、これだけ降れば大丈夫ですね。

今度は降り過ぎないようにお願いしたいですね・・・

 

 

 

そんなジメジメした梅雨は、快眠の敵です。

湿度が高くなり、蒸れ感がスゴイ・・・

人が快適に感じるのは湿度が50%~55%くらい、でも梅雨だと室内でも湿度80%を越える日も・・・

 

 

 

 

 

それでは、ふとんの使い心地も大幅ダウン。じゃあどうすればいい?

 

 

 

まずは、ふとんに溜まった湿気を飛ばすことです。

 

梅雨でも晴れる日はあるはず!

干せる日は積極的に干すべき!!ただし、間違っちゃいけないのが干す時間帯です。

オススメの時間帯は朝10時~昼2時くらいまで、干す時間は約1時間~3時間で良いです。

間違っても6時間とか、朝早くから夕方までは絶対NG!!

 

なんのために干しているかを考えてください。湿気を飛ばすためです。

なのに湿気の多い時間帯に干すと、ただの筋トレで終わっちゃいます・・・

 

 

あとは、ふとんの素材も大切です。

この時期は、麻かシルクがおすすめ。

高温多湿の日本には、最高の素材です。さらっとして蒸れない!!

 

寝床内環境が理想に整います。(お布団の中)

 

一番快眠できる寝床内環境が温度33度±1℃湿度50%±5℃で、それを実現するために手助けするのが麻やシルクの吸放湿性です。

 

天然のエアコンみたいなもんかな。

 

 

他にも梅雨に負けない快眠術あります。とりあえず、今日はこの辺で終わっときます(^O^)